債務整理の方法

債務整理(借金整理)の方法としては以下の方法がありますが、どの方法で解決するかは最終的には依頼人が決めることになります。中には、予備知識がなかったばかりに弁護士や司法書士などの専門家の判断に誘導され、任意整理により無理な返済計画を組んだり、破産する必要がないのに自己破産を選択したケースも見受けられます。
専門家に相談するにしても、ある程度の予備知識は備えてから相談に行かれたほうがいいと思います。

債務整理の方法 手続きの概略とメリット・デメリット

任意整理

司法書士や弁護士が債務者の代理人となって、裁判所を通さずに、債権者と話し合って解決する方法です。利息制限法の適用による債務額の圧縮を行い、返済計画の組み直しを行います。

メリット

・裁判所に出頭する必要がない。
・過払い金が発生している場合は回収もできる。

デメリット

・代理人へ支払う報酬が調停と比べると高額になる。
・債権者の協力が得られないこともある。
・信用情報機関へ事故情報として登録される。

過払金返還訴訟

長期間にわたって利息制限法以上の金利を支払っていた場合は、既に借金が完済になっており、過払いとなっている場合があります。その場合、貸金業者に対して過払い金の返還請求を行います。

メリット

・払い過ぎた利息(過払い金)が返還される。
・債務が残る他社への支払原資、その他手続きへの充当や今後

個人再生

住宅ローン再生

債務額の一定金額を免除してもらい、減額になった分を原則として3年間で支払います。一定の要件がありますが、自宅を残したままで借金の整理ができます。

メリット

・マイホームを残すことができる(住宅資金特別条項の利用)。
・任意整理が困難な場合でも大幅な元金の減額が期待できる。
・自己破産と異なり、公法上、私法上の資格の制限がない。
・自己破産と異なり、現在所有している財産を清算する必要はない。ただし、破産による配当以上の金額は債権者に弁済をしなければならないという「清算価値保障要件」を満たす必要はあります。

デメリット

・裁判所に出頭する必要がある。
・司法書士や弁護士の報酬が高額になりやすい。
・信用情報機関へ事故情報として登録される。

自己破産

 自分の財産・収入で支払うことのできないほどの借金を負ってしまっていること(支払不能)を裁判所に認めてもらい、その借金を免除してもらう手続きです。

メリット

・非免責債権を除く支払い義務が免除されるため、一からやり直すことができる。

デメリット

・原則として自宅や高額な財産は処分する必要がある。
・免責不許可事由があると、免責されない可能性がある。
・官報に住所・氏名が記載される。
・公法上、私法上の資格の制限がある。
・信用情報機関へ事故情報として登録される。

特定調停

裁判所の調停委員の手助けにより、債権者と利息制限法による減額交渉を行います。債務額の圧縮、分割返済の手続きです。

メリット

 ・ご自分で申立てされる場合は費用が安い。

デメリット

・裁判所に出頭する必要がある。
・過払い金が発生していても回収できない。
・債務名義化するため、調停後に支払いを怠ると、債権者が調停調書により強制執行を行うことができる。

ヤミ金融整理

 「ヤミ金」は無登録で法律で定められた金利を超えた金利を取る業者のことです。法律で定められた金利以上の金利で契約をすることも、受領することも違法です。毅然とした態度で対処する必要があります。司法書士に依頼すると司法書士が業者に対して請求放棄の交渉を行います。

メリット

・請求を放棄してもらえる可能性がある。

デメリット

・ヤミ金に家族や職場の電話番号を教えている場合は、請求の電話がかかってくる場合もある。

CONTACT

債務整理、過払い金請求、株式会社設立から訴訟や相続問題まで
ご相談は熊本の司法書士法人リーガルシップまで!

お気軽にお問い合わせください

0963514488
熊本南事務所
0963514488
受付時間 月曜~金曜9:00-18:00
0962883788
法務局前事務所
0962883788
受付時間 月曜~金曜9:00-18:00